読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「月に吠えらんねえ」に出てくる博物館明治村

作品舞台考察・探訪

先日Kindleで1巻無料になっていたのをきっかけに清家雪子さんの「月に吠えらんねえ」を読みだしたのですが(すごい面白いです!)、背景として博物館明治村(愛知県犬山市)がちょくちょく出てきて気になったのでわかった分だけまとめました。

月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(3) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(3) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(4) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(4) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(5) (アフタヌーンコミックス)

月に吠えらんねえ(5) (アフタヌーンコミックス)


注意

  • 本エントリ内で引用している「月に吠えらんねえ」の画像の著作権は清家雪子先生にあります。画像は全てKindle版を使用しています。
  • 写真は全て私が過去に撮ったものですが、明治村の写真は10年以上前に撮ったものも多いので現状と違う場合があります。
  • 本エントリは「月に吠えらんねえ」の5巻までのネタバレを含みます。

月吠関連
hayaco.hateblo.jp
hayaco.hateblo.jp
hayaco.hateblo.jp
hayaco.hateblo.jp

清水医院

モッさんの病院の内装は清水医院ですね。左右反転して使用されてるみたいです。

f:id:hayaco:20160702183459p:plain
1巻 P149より
f:id:hayaco:20160702183705p:plain
1巻P150より

f:id:hayaco:20160702183743p:plain
1巻P160より

f:id:hayaco:20160702183844p:plain
3巻P279より


北里研究所本館・医学館

モッさんの病院、外観は清水医院ではなく北里研究所本館・医学館。

f:id:hayaco:20160702184704p:plain
3巻P276より

f:id:hayaco:20160702184738p:plain
3巻P279より


聖ザビエル天主堂

聖ザビエル天主堂は色んな所にちょくちょく出てきてます。

f:id:hayaco:20160702185812p:plain
3巻P112より
f:id:hayaco:20160702185952p:plain
4巻P181より

f:id:hayaco:20160702185933p:plain
4巻P39より
f:id:hayaco:20160702190037p:plain
4巻P182より

f:id:hayaco:20160702190017p:plain
4巻P182より
↑これちょうどいい写真が手元にないんですが建物奥から出口方面を見たアングルですね。
久しぶりに明治村行ってきたので写真を撮ってきました。資料無しだったのであまりアングル似てないですね…どうも反転されてるっぽいです。

内閣文庫

f:id:hayaco:20160702190850p:plain
2巻P156より

日本赤十字社中央病院病棟

チエコさんが入院していた病院。寝ているベッドもここに展示してあるもの。

f:id:hayaco:20160702191115p:plain
4巻P91より

f:id:hayaco:20160702191213p:plain
4巻P91より
f:id:hayaco:20160709230940p:plain
2巻P206より
別のコマでもベッド使用されてました。

幸田露伴住宅「蝸牛庵」

ミヨシくん(仮)が朔くん(仮)の妹さんと結婚していた頃に住んでいた家が幸田露伴が住んでいた家という。手持ちの写真にちょうどいいアングルがなくてわかりにくいのですが左右反転して使用されてます。

こちらも近いアングルで写真を撮ってきました。薄暗くてわかりにくくてすいません…

f:id:hayaco:20160702191431p:plain
2巻P153より

東松家住宅(重要文化財)ほか

これもわかりやすい写真が手元にないのですが、明治村2丁目の 東松家住宅京都中井酒造安田銀行会津支店札幌電話交換局が並んでいるところがモデルですね。

f:id:hayaco:20160702194638p:plain
2巻P206より


ストリートビューで比較的近いアングルで見れる。